激安が好きやねんについて【サイト紹介】

         

道頓堀「いらっしゃいませ!安いですよ!」このコトバにビビッと来る激安好きのあなたに、ここでは難波を中心に、大阪で目にし、利用し、味わうことが出来る「色んな激安」をご紹介します。特に難波を取り上げる理由は、もちろんこの街が、平日休日を問わず大阪の中心部といっても過言ではないほどの賑わいを見せているから!

難波は「ミナミ」と呼ばれる大阪の繁華街の中心部で、グルメやショッピング、オトナの夜遊びまで、何でも楽しむことが出来るエリア。老若男女を問わず、楽しめる街。「大阪といえば?」と聞かれて、真っ先に誰もが思い浮かべる光景も、難波を中心とするミナミで見つけることが出来ます。道頓堀川、アメリカ村、日本橋のオタロードも難波周辺にあります。見どころたっぷりなので、日本中のみならず世界中から訪れる観光客の皆さんが必ず踏むのも、難波の地です。

大阪にはもうひとつ、梅田を中心とする「キタ」という繁華街がありますが、どちらかといえばより庶民的な空気を持っているのがミナミのほう。現代的なビルや巨大デパートと、昔ながらのムードを持つ商店街が共存するエリアとなっています。そのど真ん中にある難波は、激安店やアウトレットショップなどが建ち並んでおり、街をひと巡りすれば魅力的なお店の数々に行くことが出来ます。ここでは、そんな難波の激安店の情報を、主にお届けしています。

大人気のアウトレット商品を購入できるお店や、安くて美味しくてお腹いっぱいになれる激安グルメのお店、さらには特に男性陣に注目していただきたい風俗のお店……激安店を構えるありとあらゆる激安店について、お教えします!ここで紹介するお店の情報を押さえておけば、安く、お得に、大阪を楽しむことが出来るでしょう。

難波の交通アクセス

         

南海なんば駅日によっては、日本でいちばん賑わうエリアになることもある難波。そんな街だけあって、毎日たくさんの人が大阪中から、いや世界中から訪れています。たくさんの人々を難波という街に運び込み、また送り出すために、電車やバスなど公共交通機関が充実しています。たとえば、エリアの中心にあるのは近鉄、南海電鉄、阪神電鉄、JR、大阪市営地下鉄の通る難波駅(なんば駅)です。ちょっぴりややこしいですが、難波エリアを縦に貫く四つ橋筋・国道25号線を挟み、南海と地下鉄の「なんば駅」と近鉄と阪神の「大阪難波駅」、「JR難波駅」がそれぞれあります。

「なんば駅」の地下鉄は御堂筋、四つ橋、千日前という3つのラインが通っており、大阪市内であればどこからでも、手近なところに地下鉄駅を見つけて難波に直行することが出来ます。御堂筋線には「新大阪駅」が含まれているというのもポイントです。新幹線で他府県から訪れた人も、地下鉄1本でまっしぐらに難波を目指せます。さらに、南海電鉄の高野線を利用すると、大阪市内だけでなく、堺市、河内長野や富田林といった南大阪のエリアにもつながります。

南大阪を越えてどこまでも乗っていくと、最終的には県境をまたいで和歌山県に入ります。高野線は、終点まで行くと、和歌山県伊都郡の極楽橋駅に到着。都市の賑わいに満ちた難波から、特急で1時間半。緑に囲まれた静かな風景の中に、この駅はあります。駅を出ると、2015年に開創1200年を迎えて、金剛峯寺のご本尊公開など特別なイベントが行われて話題になった、高野山の登山口に行く道に続いています。
このように、難波を中心に電車網は非常に発達しており、駅をまちがえずに利用すれば、大阪、そして関西を巡ることが出来ます。

難波エリアの情報と特徴

         

湊町リバープレイス「難波」は、大阪府大阪市中央区の中にある町の名前です。隣の浪速区に接する南西部が難波と呼ばれる町で、1丁目から5丁目まであります。この町は地下鉄・南海のなんば駅を中心に、デパートの高島屋や戎橋筋商店街、法善寺などを含んでいます。法善寺には、水をかけてお祈りすれば願いを叶えてくれるということで有名な「水掛不動」の像があり、お寺のわきに伸びている「法善寺横丁」は、石畳の道の左右に小ぢんまりとした上品な割烹料理店などが並ぶグルメスポットとしても有名です。

ただ、当サイトで取り上げる難波は、中央区難波を含む、もっと広範な地域。中央区と、隣の浪速区をまたぐ広いエリアについて、取り上げています。実際、JR関西本線の終着駅であるJR難波駅は、住所としては浪速区湊町にあります。また、同じ町内にあるイベント施設「湊町リバープレイス」には、有名アーティストのコンサート会場としてよく利用されている「なんばHatch」が入っています。また浪速区には「難波中」という地域もあり、その中心には複合施設なんばパークスがあります。「グリコサイン」で知られる道頓堀や、オトナが夜遊びをするお店が多い宗右衛門町、国立文楽劇場のある日本橋などが難波エリアとして語られることもあります。「難波」という名称は、単なる中央区の町名にとどまらず、大阪の、賑やかで見どころいっぱいのエリアを総称するものなのです。

難波エリアは観光地としても知られていて、国内外の多くの旅行者を魅了しています。映画監督リドリー・スコットは、アジア的カオスと未来的な都市景観が混在する風景に魅せられ、難波エリアをロケ地として、1989年に大作『ブラック・レイン』を撮影しました。特に近年は、アジア各国から観光やショッピングを目的に訪れる人々が増えています。街を歩けば数ヶ国語が飛び交う国際色ゆたかなエリアのひとつにもなっています。

楽々座

             楽々座

地下鉄名御堂筋線なんば駅近くにある、イタリアンのお店“楽々座”。 このネーミングと外観からはイタリアンとは想像… Read more 楽々座

RAGEBLUE

             RAGEBLUE

比較的リーズナブルなメンズアパレルブランドとして人気なのは“RAGEBLUE(レイジブルー)”ではないでしょう… Read more RAGEBLUE

La fith hair room

             La fith hair room

激安が好きという方の中には、できればヘアメイクなどもお安く済ましたいという方も多いのではないでしょうか?自分で… Read more La fith hair room

crayon

             crayon

意外とお金がかかってしまう美容室でのヘアカットやカラー。できれば押さえたいけれど、低価格でへんてこな髪型にされ… Read more crayon

DINING MOHRI

             DINING MOHRI

アパホテルなんば心斎橋の1階にある、“DINING MOHRI(ダイニング モーリ)”。 シェフがこだわり丁寧… Read more DINING MOHRI

Luxious

             Luxious

なんばパークス7階にある“Luxious(ラグシャス)”。 こちらでは50種類のメニューをバイキング形式で食べ… Read more Luxious